薬の服用以外の方法も。シミ・そばかすの治療法はさまざま

カテゴリ:しみ・そばかす しみ・そばかすの治療

薬の服用以外の方法も。シミ・そばかすの治療法はさまざま
適切な治療をおこなうことによって、多くのシミ・そばかすについては薄くしたり消すことは可能となっています。
もし、シミ・そばかすの症状で悩んでいるようであればこれからご紹介させていただく治療法を試してみることをオススメします。

シミ・そばかすといった症状に対して行われる治療としては、レーザー治療やケミカルピーリング、そして内服による治療があります。

レーザー治療

レーザー治療 美容外科・美容皮膚科などでシミやそばかすに対してよくおこなわれる治療法のひとつです。
レーザーの光がメラニン顆粒に反応することでシミ・そばかすの細胞を破壊することによって、物理的にシミやそばかすを除去するという方法になります。
治療後にはレーザー照射した箇所が赤みを帯び、数週間経過するとシミやそばかすがあった部分はかさぶたとなって剥がれ落ちます。
肝斑がある場合には、レーザー治療によってメラノサイトが活性化しシミが逆に濃くなってしまうというリスクがあるため、治療を受けられないということもありますので医師への相談が必要となります。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリング 老化などによって角質層や表皮細胞の剥がれにくくなってしまった細胞を、薬剤を塗布することで一時的にターンオーバーを促すのが「ケミカルピーリング」です。
ターンオーバーが行われることによって、表皮にメラニンが蓄積されていた場合には角質と一緒にメラニンも剥がれていくためシミやそばかすの症状が改善していきます。
敏感肌など肌自体が弱い人の場合には、ケミカルピーリングは慎重に行う必要があります。

内服治療

内服治療 レーザー治療やケミカルピーリングをいきなり受けるということに抵抗や怖さを感じるという方も多くいらっしゃいます。
そこで内服薬として、メラニンを抑える効果が期待されるビタミンC肌の代謝リズムを整えるビタミンE、メラノサイトの働きを抑え、メラニンの生成を抑えることができるトラネキサム酸メラニンを抑え肌のターンオーバーを促す働きも持ち合わせていることから、 不用であるにも関わらず肌から剥がれずにいる古い角質やメラニンを排出することを助けるL-システインなどが処方されます。

治療法のまとめ

レーザー治療は自身でおこなうことはできませんが、ピーリングであれば市販のフルーツ酵素系の洗顔料を使うことも可能です。
そして、病院で処方される内服薬に含まれている成分の中には市販されている美白効果のある薬にも配合されている成分もあります。
病院に足を運んでという手間を省くこともできますし、もし市販薬であまり効果が無いなと思ったら皮膚科を受診するということも可能です。
まずは、始めやすい市販薬から治療に取り組んでみてもいいのではないでしょうか。

【参考文献】

  • 参考文献:「顔がシミだらけにならないようにするためのお話」 水野優起(順天堂大学)

関連記事

なかなか消えない…それって本当にシミですか?「あざ」の可能性も
なかなか消えない…それって本当にシミですか?「あざ」の可能性も

カテゴリ:しみ・そばかす しみ・そばかすの治療

シミ・そばかすの予防策は?UVコントロールとバランス良い栄養素摂取を
シミ・そばかすの予防策は?UVコントロールとバランス良い栄養素摂取を

カテゴリ:しみ・そばかす しみ・そばかすの予防・対策

【お肌のプロが徹底解説】シミやそばかすの原因や予防
【お肌のプロが徹底解説】シミやそばかすの原因や予防

カテゴリ:しみ・そばかす

シミやしわの原因は元から断つ!紫外線と上手に付き合う方法
シミやしわの原因は元から断つ!紫外線と上手に付き合う方法

カテゴリ:しみ・そばかす しみ・そばかすに有効な成分

乾燥肌の下に潜む黒い影!「L-システイン」で対策を!
乾燥肌の下に潜む黒い影!「L-システイン」で対策を!

カテゴリ:しみ・そばかす しみ・そばかすに有効な成分

シミには種類がたくさん。原因や症状について知ろう
シミには種類がたくさん。原因や症状について知ろう

カテゴリ:しみ・そばかす しみ・そばかすの種類

← 一覧に戻る

シミ・そばかすの原因を身体の中から対策するなら

シミ・そばかす対策に有効な医薬品ホワイピュア 飲むしみ・そばかす対策 ホワイピュアの詳細はこちら