シミ・そばかすに有効な美白成分「トラネキサム酸」

カテゴリ:しみ・そばかす しみ・そばかすに有効な成分

シミ・そばかすに有効な美白成分「トラネキサム酸」
シミ・そばかすに効く成分で、美白効果があるとして知られているトラネキサム酸
トラネキサム酸が配合された薬を内服することによって、肝斑に対しても効果があるというのはある偶然によって知られるようになりました。

トラネキサム酸の効果が発見されたきっかけ

慢性じんましんを持っていた患者さんに対してトラネキサム酸の投与がおこなわれたところ、じんましんと併発していた肝斑の症状が2〜3週間後に消失したという事例が1979年に報告されました。
このことをきっかけに研究が進んでいき、肝斑などの治療にトラネキサム酸が使われるようになっています。 現在でもクリームやローション、内服薬などさまざまな形態で美白や色素沈着の症状改善にトラネキサム酸は利用されています。

そもそも「肝斑(かんぱん)」の症状とは

肝斑(かんぱん)は額・頬・頬骨・口の周囲・鎖骨などにも現れるはっきりとしたシミ トラネキサム酸が配合された薬を内服することによって、肝斑(かんぱん)の症状を改善出来ることが確認されています。

肝斑の主な症状としては境界が明瞭な淡褐色斑で、重度なものになると紫黒色斑が生じていきます。
顔のなかでも特に額・頬・頬骨・口の周囲、鎖骨などにも左右対称に現れることが多く、目の周辺には症状が現れないため目の周りだけ白く抜けるような形となる場合もあります。

男性にもまれに肝斑の症状が起こることはありますが、患者の男性と女性の比率は1:14。基本的に肝斑の症状が出るのは女性がほとんどということになります。

4〜7月という時期に肝斑で病院を初めて受診する患者が多いというデータがあることから、肝斑の発症や悪化には、紫外線が大きく関与していることが推測されています。
また、妊娠中や産後に肝斑を発症したりする方がいらっしゃるほか、ピルの服用・齢に伴う女性ホルモンの減少など、女性ホルモンのバランスに変化があると症状が悪化してしまうということがあります。

トラネキサム酸がどのように効くのか?

紫外線によってダメージや刺激を受けた皮膚の中では、たんぱく質を分解してしまう酵素の「プラスミン」が活性化します。
プラスミンが活性されるとメラニン色素を作り出す細胞である「メラノサイト」の活性化を招く「プロスタグランジン」という情報伝達物質を作り出してしまいます。
黒色のメラニン色素が多く作られてしまうことも肝斑の一因となってしまうのですが、トラネキサム酸には「抗プラスミン作用」があるため、プラスミンが原因となるメラニンの増加を抑制することが可能です。
「抗プラスミン作用」でメラニンの増加を抑制 またプラスミンの活性化により肌荒れなどの症状が引き起こされたりもしますが、トラネキサム酸の働きによりプラスミンが原因の皮膚の炎症も抑えることが可能です。

更にトラネキサム酸にはプロスタグランジンの働きも抑える効果もありますので、肌のコンディションをきちんと整えながら、メラニンを作らせないというダブルの美白効果を期待することができるのです。

【参考文献】

  • 参考文献:「トラネキサム酸と肝斑」真船英一 森本佳伸 飯塚泰貴

関連記事

乾燥肌の下に潜む黒い影!「L-システイン」で対策を!
乾燥肌の下に潜む黒い影!「L-システイン」で対策を!

カテゴリ:しみ・そばかす しみ・そばかすに有効な成分

美容にも健康にも欠かせない欲張りビタミン「アスコルビン酸(ビタミンC)」
美容にも健康にも欠かせない欲張りビタミン「アスコルビン酸(ビタミンC)」

カテゴリ:しみ・そばかす しみ・そばかすに有効な成分

身体に留まりながら美容と健康を助けるビタミン「ビタミンE(トコフェロール)」
身体に留まりながら美容と健康を助けるビタミン「ビタミンE(トコフェロール)」

カテゴリ:しみ・そばかす しみ・そばかすに有効な成分

つややかで健康なお肌と髪を保つ「ビタミンB2(リボフラビン)」
つややかで健康なお肌と髪を保つ「ビタミンB2(リボフラビン)」

カテゴリ:しみ・そばかす しみ・そばかすに有効な成分

美肌作りのサポート役「ビタミンB6(ピリドキシン塩酸塩)」
美肌作りのサポート役「ビタミンB6(ピリドキシン塩酸塩)」

カテゴリ:しみ・そばかす しみ・そばかすに有効な成分

美白効果が認められた成分「アルブチン」
美白効果が認められた成分「アルブチン」

カテゴリ:しみ・そばかす しみ・そばかすに有効な成分

← 一覧に戻る

トラネキサム酸配合!
外からシミ・そばかす予防をするなら

シミ・そばかすをシャットアウト ホワイピュア薬用美白クリーム シミ・そばかすをシャットアウト ホワイピュア薬用美白クリーム