美白効果が認められた成分「アルブチン」

カテゴリ:しみ・そばかす しみ・そばかすに有効な成分

美白効果が認められた成分「アルブチン」
資生堂が開発し特許を保有していた「アルブチン(β-アルブチン)」は、厚生労働省の認定している数少ない美白有効成分でもあります。
それまではビタミンCを用いた美白剤がほとんどでしたが2003年にアルブチンの特許期限を迎え、パブリックドメインとなって以降は多くの会社が美白化粧品や内服薬などに広く使用されるようになりました。(「α-アルブチン」という成分もありますが、こちらはまだ特許の期限を迎えていません)

ローション、乳液、クリームなどの基礎化粧品のほか、最近はリキッドタイプのファンデーションなどにもアルブチンが含まれたものが販売されているため、より予防美白にアルブチンを取り入れた対策をすることが簡単になってきています。

特徴はチロシナーゼに対するアプローチ

特徴はチロシナーゼに対するアプローチ アルブチンの特徴として上げられるのが、メラニン色素の生成に関わる酵素の「チロシナーゼ」に対して働きかけをおこなうことによって「黒色のメラニン生成を抑える」ということ。
通常、紫外線によるダメージなどが無い状態であれば「無色」であるはずのアミノ酸を「黒色」のメラニンに変換してしまうチロシナーゼの作用が抑えられることによって、 黒色のメラニンの生成そのものを予防する効果があるので、美白の効果も非常に大きいものとなります。

「黒色メラニンを作らせない」という予防効果の高いアルブチンを中心とした美白対策を考えている場合には、 L−システインなど肌のターンオーバーを正常化するタイプの美白対策や、ビタミンCなどを併用していくこともおすすめです。

「新たなメラニンを作らせないこと」+「乱れた肌のターンオーバーを正常化すること」この両輪で美白対策をするによって、 メラニンができづらい状態すでに作られてしまっているメラニンの排出を促していくという、より効果的な美白対策になっていくことがおわかりいただけるかと思います。

アルブチンの効能・効果まとめ

肌の透明感の向上、肌のくすみ・しみ・そばかすに対する効果という部分を見てもアルブチンが色素沈着に対する予防効果や、紫外線が原因となるしみ・そばかすの症状の改善という部分に有効であるということが推測されています。

【参考文献】

  • 参考文献:「アルブチンのメラニン生成抑制機序と美白効果」前田憲寿 福田實

関連記事

乾燥肌の下に潜む黒い影!「L-システイン」で対策を!
乾燥肌の下に潜む黒い影!「L-システイン」で対策を!

カテゴリ:しみ・そばかす しみ・そばかすに有効な成分

美容にも健康にも欠かせない欲張りビタミン「アスコルビン酸(ビタミンC)」
美容にも健康にも欠かせない欲張りビタミン「アスコルビン酸(ビタミンC)」

カテゴリ:しみ・そばかす しみ・そばかすに有効な成分

身体に留まりながら美容と健康を助けるビタミン「ビタミンE(トコフェロール)」
身体に留まりながら美容と健康を助けるビタミン「ビタミンE(トコフェロール)」

カテゴリ:しみ・そばかす しみ・そばかすに有効な成分

つややかで健康なお肌と髪を保つ「ビタミンB2(リボフラビン)」
つややかで健康なお肌と髪を保つ「ビタミンB2(リボフラビン)」

カテゴリ:しみ・そばかす しみ・そばかすに有効な成分

美肌作りのサポート役「ビタミンB6(ピリドキシン塩酸塩)」
美肌作りのサポート役「ビタミンB6(ピリドキシン塩酸塩)」

カテゴリ:しみ・そばかす しみ・そばかすに有効な成分

シミ・そばかすに有効な美白成分「トラネキサム酸」
シミ・そばかすに有効な美白成分「トラネキサム酸」

カテゴリ:しみ・そばかす しみ・そばかすに有効な成分

← 一覧に戻る

アルブチン配合!
外からシミ・そばかす予防をするなら

シミ・そばかすをシャットアウト ホワイピュア薬用美白クリーム シミ・そばかすをシャットアウト ホワイピュア薬用美白クリーム