シミ・そばかすの予防に有効な成分は?

カテゴリ:しみ・そばかす しみ・そばかすの予防・対策

シミ・そばかすの予防に有効な成分は?
ビタミンCが肌に良い働きをすることは多くの方も知っているはず。
そして、色素沈着を抑制する効果もあるというのも、それなりに知られている事実ではあると思います。

同じように色素沈着や肌のターンオーバーに良いとされているビタミンEL−システインを併用すると色素沈着の抑制効果というのはどう変わるのでしょうか?

ビタミンC(アスコルビン酸)

ビタミンC(アスコルビン酸) ビタミンCメラニン生成に関わるチロシナーゼの活性を抑制したり、 有色の酸化型メラニンを無色の還元型メラニンへの変換メラニンとなる前のドーパキノンをドーパへと還元するといった効果があります。

ビタミンCのシミ予防効果について詳しくはこちら
ビタミンCが多く含まれている食べ物ランキングはこちら

L−システイン

L−システインのイメージ画像 L−システインには肌の新陳代謝を促すという効果が良く知られています。
また、ビタミンCと同様にチロシナーゼの活性を抑制する効果もあります。
そして、最も特徴的な効果としてはドーパキノンとL−システインが結びつくことによって、 黄色のメラニン「フェオメラニン」を作り出す「システニルドーパ」に変化し、シミの原因になる黒色メラニンを作らせません

L-システインのシミ「防効果について詳しくはこちら

ビタミンE(トコフェロール)

ビタミンE(トコフェロール) しみの発生には酸化と大きな関わりがあることから、強力な抗酸化作用があるビタミンEにはシミや色素沈着の抑制そのものに対して大きな効果があると考えられています。
ビタミンEとビタミンCを同時に摂取することが、顔面色素沈着症などにも大きな効果が出ていることもわかっています。

ビタミンCのシミ予防効果について詳しくはこちら
ビタミンEが多く含まれている食べ物ランキングはこちら

モルモットを用いた実験について

実験(参考文献参照)では、特に何も与えず紫外線を照射したモルモットと、ビタミンCを経口投与したモルモット、 ビタミンCとL−システインを経口投与したモルモット、そしてビタミンCとL−システイン、ビタミンEを経口投与したモルモットのメラノサイトの数や増加率の計測が行われました。

何も摂取していない個体と比較した場合、ビタミンCだけを摂取した個体、ビタミンCとL−システインを摂取した個体、 ビタミンC・L-システイン・ビタミンEを摂取した個体いずれもメラノサイトの数は少なくなったという結果が出ました。
1種類より2種類、2種類より3種類と摂取した成分が多いものほどメラノサイトの数も少なく、増加率も低いという結果が出ています。

シミ・そばかすの予防に効く成分のまとめ

肌に良い成分については単一で摂取するのではなく、複合的に継続して摂取を続けていくことによってしみ・そばかす予防に有効な成分同士の相乗効果も出るため、 より色素沈着の抑制に有効であるということがおわかりいただけるかと思います。

【参考文献】

  • 「モルモットに経口摂取させたビタミンC,L-システイン,ビタミンEの併用による色素沈着抑制効果」藤原葉子 秋元浩二 二宮伸二

関連記事

シミ・そばかすの予防策は?UVコントロールとバランス良い栄養素摂取を
シミ・そばかすの予防策は?UVコントロールとバランス良い栄養素摂取を

カテゴリ:しみ・そばかす しみ・そばかすの予防・対策

シミ・そばかすを作らないために知っておくべき!日焼け止めの性能
シミ・そばかすを作らないために知っておくべき!日焼け止めの性能

カテゴリ:しみ・そばかす しみ・そばかすの予防・対策

【お肌のプロが徹底解説】シミやそばかすの原因や予防
【お肌のプロが徹底解説】シミやそばかすの原因や予防

カテゴリ:しみ・そばかす

シミやしわの原因は元から断つ!紫外線と上手に付き合う方法
シミやしわの原因は元から断つ!紫外線と上手に付き合う方法

カテゴリ:しみ・そばかす しみ・そばかすに有効な成分

薬の服用以外の方法も。シミ・そばかすの治療法はさまざま
薬の服用以外の方法も。シミ・そばかすの治療法はさまざま

カテゴリ:しみ・そばかす しみ・そばかすの治療

シミには種類がたくさん。原因や症状について知ろう
シミには種類がたくさん。原因や症状について知ろう

カテゴリ:しみ・そばかす しみ・そばかすの種類

← 一覧に戻る

シミ・そばかすの原因を身体の中から予防・対策するなら

シミ・そばかす対策に有効な医薬品ホワイピュア 飲むしみ・そばかす対策 ホワイピュアの詳細はこちら